介護を含む医療業界は需要が増加している反面、慢性的な人材不足に悩まされています。
人材不足に陥っている背景の一つに、離職率の高さがあります。
時代の移り変わりの中で男性の活躍も目立ってきているとはいえ、看護師全体の比率で見ると女性の方が圧倒的に多いのが実情と言えます。
20~30代の女性看護師は、結婚や出産といった人生の転機をきっかけに仕事を辞めるケースは珍しくありません。
また、退職という選択をしなくても、産休や育休を利用して長期の休みを取ることで他の人に負担が掛かってしまい、こうした過剰労働が離職に繋がっています。

スキルアップなどを目的とした転職も、人材不足の理由の一つになっています。
看護師になるためには専門の知識や国家資格を必要とするため、それらを身に付けていることでより高い位置を目指す看護師も少なくありません。
管理職などの地位を求めて規模の大きい病院への転職を行うことで、中小規模の病院が人材不足に陥ってしまうと考えられます。

その他の離職に繋がりやすい理由が、人間関係です。
これは社会における全ての仕事に共通することですが、職場で良好な人間関係を作れずに精神的なストレスを抱えて辞めてしまうという話は多くあります。
特に看護師は他の職種に比べて人間関係で悩む傾向が強く、退職理由のアンケート調査などでも人間関係の拗れは上位に位置しているほどです。

とは言え、こういった事情は必ずしもマイナスに働くわけではなく、人材不足だからこそ求人も多く就職しやすいとも言えます。
そのため、職場の選択肢が豊富であり、自分の希望する条件で働くことが可能です。
実際に自分の希望に合った職場を探したいなら、こちらのサイトを覗いてみることをおすすめします。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 光指す方へ…. All Rights Reserved