看護師は国家資格として人気が高く、取得を検討している人や実際に取得している人の数は非常に多いと言われています。
ただ、看護師の資格を取得しても実際に働いている人は少ないため、慢性的な人材不足が悩みの種となっています。

このような看護師の人材不足の原因として考えられているのが、労働環境の悪化です。
看護師のほとんどは病院やクリニックなどの医療機関で働いているのですが、やることが多い上に時間が足らずに毎日慌ただしく仕事をこなさなければならない状況だと言われています。
場合によっては残業を余儀なくされてしまうケースがある上不規則な勤務や夜勤もあり、決して楽な仕事ではありません。
その結果、仕事を続けていくうちに体を壊してしまったり体力的に続けることが難しくなり、辞めてしまう人が出てきます。
それだけなら良いのですが、人手が減ってしまうとさらに仕事の負担が増えてしまうので、それが悪循環となってどんどん人が辞めてしまうという事態を引き起こしています。

この悪循環が看護師の人材不足を加速化されていると指摘されており、大きな課題となっています。
もちろん看護師の人材不足には労働環境以外にも色々な原因があるのですが、その中でも改善する必要があると急がれているのが労働環境だとされています。
実際に大手の医療機関などでは少しずつ待遇改善などが行われており、将来的な改善策も含めて今後に期待が寄せられています。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 光指す方へ…. All Rights Reserved